それに伴う環境問題

中国の急速な経済発展は、国外企業の製品工場などの拠点として中国人労働者の働き口になっている部分と輸出産業によるものが大きいのですが、中国の経済発展によって年々環境問題が深刻化していっています。
中国の経済が大きく発展しているとはいえ、まだまだ先進国に比べると色々な部分で一歩遅れる部分があります。そのひとつとして、環境への配慮という部分があげられるのではないでしょうか。先進国各国がクリーンエネルギーやバイオ燃料などの環境に配慮したエネルギー開発を進めている中で、輸出産業に頼っている中国ではまだ環境分野では十分な発展をしていません。
中国人の生活様式が大きく変化していったことで、大きな高層ビルや自動車がもの凄い数で利用されていますが、車の排出ガスはまだまだ世界の環境基準には達していません。
このように、急速な経済成長を続ける反面、いまだ発展していない部分が環境汚染を拡大させるひとつの要因となっているのではないでしょうか。
大気汚染の問題が拡大して、中国国外にも広がり、近隣国に大きな被害を与えていることは問題ですが、日本国内にまで大気汚染の被害が海を越えて広がっているということは中国国内で考えると信じられない被害ということになります。首都の北京市内にすむ中国の市民はつねにマスクを着用して淀んだ空気の中で生活を余儀なくされています。中国国民にとってこのような環境汚染問題をどう捉えているのでしょうか。順を追って考えていきましょう。