大気汚染とは?

中国の大気汚染問題は深刻ですが、ここで大気汚染についての基本を考えていこうと思います。そもそも、人間が生活する上では大気汚染はどうしても避けられない事実です。道路を補正して、家を建てて森林を伐採する事で、酸素と二酸化炭素のバランスすら崩れています。では、どの程度のものから大気汚染という位置づけがされるのでしょうか。
人間が社会的生活を送る事自体が、自然環境に対しては環境破壊になってしまいますが、大気汚染についてのはっきりとした基準は、大気中の気体や微粒子が異常に増える事により、人体に対する有害な影響を及ぼすものをいいます。
大気汚染の大半は、人的要因ですが、中には火山の噴火や砂嵐などの自然要因で発生する大気汚染もあります。しかし、ここでいう大気汚染とは主に人的要因のものをいい、自然災害は大気汚染に含まれない傾向にあるようです。大気汚染の程度や基準というものはWHOが定めたものが、世界的な基準となっています。特に、火力発電所や工場地帯では、エネルギー消費や燃焼率が大きいため、煙突から出される噴煙が大きな大気汚染の問題となっています。他にも、今では廃止された石炭を動力源とする蒸気機関車なども黒く大量の煙を放出するとして大きな問題となりました。
煙突から放出される噴煙は、色が濃いほど有害であるとして、近年の先進諸国では黒い噴煙を見る事は無くなりました。黒い煙に多く含まれているのは炭素やその他の非常に細かい微粒子で、それらが水蒸気と一緒に煙として浮遊する事で人体に吸い込まれると有害であるとされています。