中国の主な大気汚染物質

中国では、急速な経済成長から自動車が目まぐるしく普及しました。今までは、朝の通勤時間には自転車の行列が当たり前でしたが、現在では自動車の大渋滞が恒例となっています。この自動車から出される排気ガスが中国の都心部での主な大気汚染の原因となっています。日本や先進諸国では、硫黄成分の低い燃料が使用されていますが、中国ではこの硫黄成分を十分に下げる事ができず、開発の進んでいない質の悪いエンジンシステムと相まって、硫黄酸化物やその他の人体に有害な化学物質市内に大量に排出されています。
それらの物質が空気中で反応する事でスモッグと呼ばれる濃い霧に包まれたような現象を引き起こします。
その他に、現在日本でも問題視されているPM2.5というすごく小さな浮遊性微粒子が空気中を漂い、吸引した人の人体に後々悪影響を与えるというわけです。
また、中国では経済成長から大量の発電所が増設されました。発電所の大半は、ものを燃やして発電する火力発電所になるため、工業団地の噴煙と、これらの火力発電所の噴煙が蔓延する事で大きな環境汚染を招いています。
火力発電所の原動力にも、同じく燃焼効率のわるい石炭や石油が利用されるため、噴煙にはもの凄い量の有害物質が含まれているのです。
中国の大気汚染問題は、中国国内にとどまらず、日本にも被害が及んでいますし、今後もその被害は大きくなっていくと予想されます。
春になると、偏西風に乗って、毎年黄砂が日本に降り注ぎますが、このような砂でさえ、風に乗って日本や近海に運ばれるのですから、PM2.5などのさらに小さく軽い微粒子であればなおの事でしょう。