PM2.5によってもたらされる健康被害

PM2.5は、そのような名前の物質があるわけではなく、2.5μm以下の微粒子のことを指すのですが、PM2.5には窒素酸化物や硫黄酸化物、金属系の物質などが主成分として含まれ、ディーゼルエンジンの排出ガスや工場から出される煙などから蔓延します。
日本では、ディーゼル車の規制や工業地帯の排煙の規制などにより、現在では環境基準を満たしていますが、これらの物質が多く蔓延すると人間の呼吸器官に影響を及ぼします。人間が呼吸をする際、肺に酸素を取り入れる気管支は非常に小さな管でできていますが、10μm以下の物質は、呼吸器官を通過して肺や人体に影響を及ぼす可能性があります。例えば、花粉症を患っている人であれば、PM2.5は杉花粉と比べ物にならないくらい小さな微粒子であるため、花粉症の被害が悪化する可能性があり、喘息を患っている人であれば喘息が悪化し、さらには肺がんの原因になるとも言われています。
実はこのPM2.5という物質はタバコの煙にも含まれており、喫煙者のいる環境ではPM2.5を多く吸い込んでいるかもしれません。タバコの煙同様、PM2.5は肺がんの要因にもなると言われているわけです。
つまり喫煙者はPM2.5を自ら好んで吸い込んでいるといっても過言ではないため、少し主旨はズレますが、中国のPM2.5の問題をどうこう言う前にご自身が禁煙をして周りに迷惑をかけないようにするのがもしかしたら先決なのかもしれません。