PM2.5とは?

PM2.5とはいったいどのような汚染物質なのでしょうか?今回の騒動で初めて耳にした人も多いのではないかと思いますので、まずはPM2.5について説明していきます。
PM2.5とは、微粒子状物質の中でも2.5μm以下の微粒子状物質のことを指します。μm(マイクロメートル)とは、1mmの千分の1もの小さな大きさの微粒子のことで、PM2.5の物質がどれだけ小さいかがわかります。
小さな物質がなぜ問題なのかというと、人間が呼吸をした時に気管支の奥まで入り込んでしまうサイズで、肺に刺さったり、多く取り入れることで人体の健康に害があるためです。微粒子の中でも10μm以下のものは多く吸い込むことで人体に有害だとされていおり、PM2.5はさらに小さい微粒子でなので、人体に多く吸い込むと大変危険です。
日本では、アスベストという建築用材の微粒子を人体に吸い込んだら危険だとして一時期メディアで多く取り上げられていましたが、そもそもこれらの微粒子というのは本来、自然界にあまり多く存在するはずのない人工的な物質なのです。
中国の経済が発展するにつれて大気汚染物質としてこれらの微粒子が蔓延すると喘息や花粉症を煩っている人にとっては深刻な問題になりかねません。また、これらの物質が、日本国内ではなく、国外からもたらされているということも大きな問題です。日本国内で原因の改善ができないからです。ただでさえ、両国間の国交は悪化しているおりにどのようにしてこの問題の対策をしていけばいいのでしょうか。