中国大気汚染物質飛来問題と日本への影響

クールでかっこいいMT&WordPressテーマ

最近大きく世間を賑わせている問題に、中国の大気汚染物質が飛来することによる日本への被害や影響があります。 日本と中国の国交や交流の歴史は古く、遣隋使や遣唐使の時代から友好関係にあった両国ですが、長きにわたる世界の戦争の歴史や、捕虜・奴隷問題などから、少しずつ領国間には亀裂が生じ、領土問題や様々な問題で長く悪い関係が続いていましたが、近年の中国の経済が発展したことによる環境被害は大きく、その問題を再確認せざるを得ない今回の大気汚染物質飛来は世界的にも問題視されています。

近年では世界各国が排出ガスの問題や環境問題に対する関心が高く、世界首脳会議が開かれるほど、世界的に見ても、環境の改善の運動は進んでいますが、最近発展し始めたばかりの中国にはまだまだ生計を考えるので精一杯で、環境配慮にまで頭が回らないのでしょうか。中国の中心部である北京市内では常に空が曇って淀んでおり、鮮やかな青空が顔を出すことはないそうです。市民の大半はマスクを常時着用せざるを得ないほど、環境汚染が深刻で、今回の問題に至りました。

人体に大きな影響が出るほどの大気汚染が進む前に、中国は環境を改善することはできなかったのでしょうか。 今回は日本にとっても近隣諸国にとっても深刻な問題となっているこの中国の大気汚染物質飛来による日本への影響と今後について、くわしく考えていきたいと思います。

中国から飛来する物質として昔から有名なのは、「黄砂」と呼ばれる黄色い砂です。季節的に偏西風に乗って中国から大量の黄砂が日本全国に降ります。これが、深刻な大気汚染物質であったら、どれほど恐ろしい問題でしょうか。私たち、日本人はこれからこのような問題と直面しながら生活を送ることになります。それどころか、中国市民はもっと深刻な問題に直面しているでしょう。私たちが考えたところでこの問題はどうにもなることではないかもしれませんが、中国の発展の歴史と大気汚染の背景や、今私たちがおかれている環境を考えていきましょう。

※昨今の環境問題では、ゲリラ豪雨の増加も問題になっていますね。


いつ濃度が高くなるか? マスクと空気清浄器の準備はお忘れなく!